歯根湾曲根|札幌市西区西野の歯科|発寒南・宮の沢すぐ|村川歯科医院

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

歯根湾曲根

投稿日:2019年11月1日

カテゴリ:院長ブログ

本日は歯根湾曲していた患者さんと治療を前回行った患者さんがいらっしゃいました。本日は薬の交換だけを行いました。

歯根湾曲根といっても、歯の根っこの歯根は多かれ少なかれほとんど曲がっています。特に湾曲が強かった今回の患者さんの歯根は、通常のKファイルという直線の器具の歯根の中に入れても、歯根の先の神経の出入り口(根尖孔)まで到達できません。

なかなか入らないので根管が狭窄しているのかと思います。しかし、本当は歯根が湾曲していて器具が根っこの先の根尖孔まで到達できないのです。

それでは、そのような場合治療がしっかりできないのかというとそうではありません。2つの方法をくみあわせて根管の中を掃除していきます。

一つ目は先ほど言ったKファイルという直線的なステンレスの器具にプレカーブという湾曲を、歯根の湾曲にあわせて与えていきます。

すると、さっきまで根尖方向に進まなかったKファイルが徐々に進んで根尖孔に到達していきます。

二つ目はニッケルチタンファイルという器具を使う方法です。電動で動きますし、しなりがあるので湾曲している根管にも入っていきやすいですが、あんまり根管が狭窄していると入っていかないので、最初は手用の細いファイルで拡大していくことが重要でしょう。

トップへ戻る