痛みを抑えた親知らずの抜歯|札幌市西区西野の歯科|発寒南・宮の沢すぐ|村川歯科医院

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

痛みを抑えた親知らずの抜歯

親知らずの抜歯・維持について

親知らずの抜歯・維持

親知らずは個人差は多少ありますが、10代の後半から20代前半に生える事が多く、お口の中では最後に生えてくる歯となります。十分なスペースがない事により、まっすぐ綺麗に生えてくる事が少ないため、様々なトラブルを起こす歯でもあります。必ず抜歯をしなければならない歯ではありませんが、少しでも違和感を感じたり、心配な方は歯科医院にて診断してもらう事をおすすめ致します。

親知らずの抜歯をおすすめする状態について

抜歯をおすすめする状態

親知らずが重度の虫歯になっている場合

親知らずが虫歯になり、進行して重症化している場合には抜歯をおすすめする事があります。1番奥にある親知らずはケアしづらいため、治療をしても再発する可能性が高いためです。

炎症を繰り返す場合

一部だけ露出している親知らずの場合には、隙間に溜まった汚れが原因で細菌が繁殖し、炎症が起きやすくなります。このように親知らずの周辺に発生する炎症を智歯周囲炎と呼び、悪化すると発熱や、開口障害など様々な悪影響があるため、症状によっては出来るだけ早めの抜歯をおすすめしています。

親知らずが歯並びを悪くする場合

親知らずがまっすぐ上に向いて生えていない場合には、成長するにつれて前方の歯を少しずつ押すような形になり、将来的な歯並びの乱れや咬み合わせの不調を引き起こすため、他の歯に影響が及ぶ前に抜歯をおすすめ致します。

粘膜や顎関節に悪影響がある場合

親知らずの咬み合わせが合っていない場合や、対となる歯が存在しない場合は、歯茎や頬の内側を傷つけたり、顎骨に負担がかかる事で顎関節症を引き起こす可能性が高いため、抜歯を検討する事になります。

痛みを抑えた安全な親しらずの抜歯

歯科用CTによる精密検査

歯科用CT

一般的な親知らずの抜歯では、さほど有用性を感じる事の少ない歯科用CTですが、難抜歯と呼ばれる特殊な親知らずの抜歯の際には、CTのよる精密検査がとても重要になってきます。親知らずの状態や周辺の血管、神経の位置を正確に把握することで、抜歯に伴うリスクを軽減することができます。

痛みの少ない麻酔注射

麻酔注射

抜歯の痛みを緩和するため麻酔注射を行います。村川歯科医院では麻酔注射に伴う痛みにも配慮しており、表面麻酔、超極細針、電動麻酔器を使用する事によって、麻酔から抜歯までほとんど痛みを感じることなく、治療を終えることができます。

スムーズな抜歯で負担を最小限に

スムーズな抜歯

上の親知らずは比較的簡単に抜歯ができ、痛みもさほど強くありませんが、下の親知らずは根がしっかりしている事などから、抜歯後の痛みや腫れが強く現れる傾向があります。腫れは長くても1週間程で落ち着きますが、侵襲の度合いによっては通常より長引く事もあります。当院では抜歯前のシミュレーションなどを行い、可能な限り低侵襲な抜歯を心がけています。

抜歯後のケア

抜歯後のケア

親しらず抜歯後に注意するべき事は、強い痛みを伴うドライソケットや、傷口の細菌感染による化膿です。当院ではこのような術後のリスクにも、抗生物質の処方や、抜歯窩を人工コラーゲンで充填するなどのケアを行い、痛みの緩和に気を付けています。

親しらずの抜歯に伴う痛みについて

痛み親知らずの抜歯と聞くと1番に想像することは「痛み」ではないでしょうか?不安になる方も多いので先にお伝えすると、抜歯中は麻酔がしっかり効いていますので、痛みを伴う事はほとんどありません。

また、麻酔注射も様々な工夫によって、最小限に痛みを抑える事が出来ます。通常痛みが現れるのは、麻酔の効果が切れてからとなりますが、その痛みについても出来るだけ抑えるように心がけています。

抜歯に費やした時間と痛みの関係性とは?

親知らず抜歯後の痛みの強さは、抜歯に要した時間に比例します。抜歯時間が長くなれば、それだけ痛みも強くなるという事です。当院では事前の検査、シミュレーションによって出来るだけスムーズな抜歯を行い、痛みの軽減に努めています。

札幌市西区で痛みの少ない親知らずの抜歯をご希望の方へ

痛みの少ない親知らずの抜歯

札幌市西区で親知らずの抜歯についてお悩みの方は、ぜひ村川歯科医院までご相談下さい。将来の事も考慮した診断を行い、抜歯か維持か適切な判断を致します。抜歯となった場合にも、出来るかぎり負担を抑えたスムーズな処置を行いますので、どうぞご安心下さい。

トップへ戻る