予防歯科・歯科検診|発寒南の歯医者|札幌市西区の村川歯科医院

新型コロナウイルス対策について

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

予防歯科・歯科検診

このページの目次

虫歯・歯周病の予防で大切な歯を守りましょう

予防歯科

村川歯科医院は、80歳になっても自分の歯で食事をして頂ける事を目標に、予防歯科に力を入れて取り組んでおります。予防歯科とは痛みや違和感のない時から、定期的に検診やクリーニングを受診する事で、虫歯や歯周病にならないようにする診療科目です。歯を残せる事はもちろんですが、生涯かかる治療費や治療時間なども削減する事が出来ますので、出来るだけ早いうちから予防歯科の受診をおすすめ致します。

予防歯科に対する歯科先進国と日本の意識の差

スウェーデンやアメリカなどの歯科先進国と呼ばれる国々では、歯やお口の健康維持についての意識が高く、子供から大人まで予防が習慣となっています。その中でも特に予防歯科に力を入れているスウェーデンでは、成人の約9割が定期的検診やメンテナンスを受診し、虫歯や歯周病をはじめ、お口の様々なトラブルの防止に取り組んでいます。※子供は全員(10割)が受診しています。

予防歯科に対する歯科先進国と日本の意識の差

対する日本の定期検診・メンテナンスの受診率は10%以下と非常に低く、80歳の平均残存歯数においても北欧や米国などの国々と大きく差がひらいています。

日本とスウェーデンの歯医者さんに対するイメージの違い

歯医者さんに対するイメージの違い

出所:ライオン株式会社HP 「歯磨き・歯科診療の新常識は「予防歯科」」より

歯科先進国のスウェーデンでは、出産前から子供の口腔ケアなどについて、歯科医師からしっかりと指導を受けます。さらに、歯が生え始める時期の早い段階から定期検診が義務となっているため、小さな頃から予防が当たり前という環境となっています。そのため、歯を削るなどの「治療」がほとんど必要なく、痛みなどを伴うこともないため、歯医者さんに対して苦手意識が薄いのが特徴です。両国の歯医者さんに対して抱くイメージの違いも、予防の普及率の差に関係があると考えられます。

若いうちから虫歯・歯周病予防に取り組むことが重要です

アンケート

こちらは50代~70代を対象に行った「若い時からしておけばよかった事」のアンケート結果です。「歯の定期検診を受ければよかった」という歯の健康に関しての後悔が、50代では3番目、70代では1番目になっています。自分が高齢になった時に、こちらのアンケートと同じ後悔をしないためにも、出来るだけ若いうちから歯の定期検診を習慣づけて、健康な歯の維持に努めましょう。

予防をする人としない人の生涯治療費と歯の寿命

下の図は、普段から定期的に歯科医院に通院して予防に努めている人と、痛みや違和感を感じた時にだけ歯科医院に通院する人の治療費と歯の寿命を表したものです。

生涯治療費と歯の寿命

生涯治療費と歯の寿命

(出典:日吉歯科診療所調べ)

定期的に歯科検診や歯のクリーニングを受けている人の方が、虫歯や歯周病を予防できる上に問題があった場合でも早期発見・早期治療によって大掛かりな処置が必要ありません。そのため、痛い時にだけ通院する人に比べて治療費が少なく、さらに歯の寿命も長いことがお分かりいただけると思います。治療費の削減、歯の寿命を延ばすためにも定期的に歯科医院に通い、予防に取り組むことをおすすめします。

セルフケアとプロフェッショナルケアで予防の徹底

正しいブラッシングで効果的なケア

正しいブラッシング虫歯や歯周病の予防は毎日行う歯磨きなどのセルフケアが基本となります。適切なブラッシングに加え、デンタルフロス、洗口剤などを活用して口腔内を清潔に保ちましょう。

また、歯周病は生活習慣なども大きく影響するため、十分な睡眠や規則正しい生活を心がけましょう。

歯科衛生士による定期的なプロフェッショナルケア

プロフェッショナルケア日々のセルフケアはとても重要ですが、ブラッシングだけでは取り除く事ができない、バイオフィルム(細菌の塊)や歯石がお口の中には存在します。

このような汚れは歯科医院で行う歯のクリーニングで取り除く事ができますので、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアを定期的に受診して、予防を徹底しましょう。

プロフェッショナルケアの内容

歯磨き指導

歯磨き指導

日々のセルフケア向上のために、歯科衛生士による歯磨き指導を実施します。口腔内の状態や歯並び、歯の形状などお口の環境は様々です。患者様一人ひとりのお口の状態を見極め、適切なブラッシング方法をご案内致します。また、お口にあった歯ブラシ選び、おすすめのデンタルケア用品などのアドバイスも致します。セルフケアの質を上げ、より効果的な予防に務めましょう。

スケーラーによる歯石除去の徹底

スケーラー

スケーラーと呼ばれる器具を使用して、歯面や歯間に付着した歯垢や歯石を取り除いて行きます。当院では特徴の違う「超音波スケーラー」と「ハンドスケーラー」の2つのスケーラーを適所で使い分けて、効率良く処置を行います。はじめにお口全体の汚れを超音波スケーラーで落とし、歯間や細部に残った歯石をハンドスケーラーで丁寧に取り除きます。2つのスケーラーによって、取り残しのない精度の高い歯石除去に努めています。

PMTC(歯面清掃)

PMTC(歯面清掃)

PMTCとは、歯科衛生士や歯科医師が専用器具を使用して行う歯面清掃です。普段の歯磨きでは落とす事が出来ないバイオフィルムなどの除去が行えます。歯面や歯間を滑らかに磨き上げ、歯垢などの再付着を抑える効果もあるため、虫歯や歯周病の予防に効果的です。歯を削ったりする事はありませんので、痛みを感じることもありません。

フッ素塗布で歯質強化

フッ素塗布

フッ素塗布と聞くと小児歯科で行う予防のイメージが強いですが、当院では必要に応じて成人の方にもフッ素塗布を行います。フッ素には歯の修復を行う再石灰化を助ける働きや、虫歯菌の活動を抑制する効果があるため、虫歯予防に効果的です。加齢によって歯肉が下がり、歯の根が露出している方には歯根部の保護として、特におすすめしております。

3ヶ月~6ヶ月に一度クリーニングを受診

お口の中には、バイオフィルムや歯石のように歯磨きだけでは落とせない汚れが存在しますので、セルフケアを日々徹底しながら、定期的な歯科医院での検診も忘れずに受診しましょう。定期検診を習慣にする事で汚れの除去に加え、自覚症状がない段階で虫歯、歯周病の早期発見、早期治療も可能となります。

日頃の習慣や癖を改善して口腔内のトラブルを予防

日々何気なく行っている習慣や癖が、虫歯や歯周病をはじめ、つめ物の破損や脱離などの様々なトラブルを引き起こす可能性があります。こちらでは口腔内のトラブルを予防するため、改善すべき習慣や癖についてご紹介します。思い当たる習慣や癖がある方は、意識をして改善に取り組みましょう。

食事やおやつのだらだら食べ

食事やおやつのだらだら食べテレビを見ながら、長い時間をかけて食事やおやつを食べていませんか?

虫歯菌は飲食物の糖分を栄養にして歯垢(プラーク)を形成し、繁殖しながら歯を少しずつ溶かしていきます。食事やおやつをだらだら食べていると、その間は虫歯菌が活発に動くため、虫歯になりやすくなります。

虫歯リスクを軽減するため、食事やおやつはできるだけメリハリをつけて食べるようにしましょう。

歯ぎしり・食いしばり

歯ぎしり・食いしばり就寝時の歯ぎしりや食いしばりは、歯に大きな負担がかかります。慢性的に強い力がかかると歯の痛み、歯の擦り減りをはじめ、つめ物の欠けや脱離、歯周病症状の悪化、歯根破折などを引き起こす可能性があります。

思い当たる方は、就寝時にマウスピースを使用したり、矯正治療などで咬み合わせを改善することをおすすめします。

口呼吸

口呼吸口呼吸が習慣になると、口腔内が乾燥するため、唾液の洗浄・殺菌効果が低下し、虫歯や歯周病、口臭などのリスクが高くなります。

また本来、お口は呼吸するための器官ではありません。鼻のようにウィルスや細菌を取り込まないためのフィルター機能がないため、風邪やインフルエンザにもかかりやすくなります。

口呼吸が習慣になっている方は、歯はもちろん、体の健康も考え、改善に取り組みましょう。

オーラルフレイルにならないために予防歯科を受診しましょう

オーラルフレイル

将来的に歯を沢山残すことは、全身の健康維持にも大きく関係しています。近年、歯科業界でも話題となっている「オーラルフレイル(口腔機能の低下による体の衰え)」という症状があります。オーラルフレイルは噛む、飲み込むといったお口の機能低下によって、食欲減退や筋力減少(サルコペニア)、身体機能の低下が進み、介護が必要となる可能性も高い症状です。オーラルフレイルにならないためには、高齢になってもしっかり噛める歯を維持する事が重要となりますので、将来の健康を見据え予防に努めましょう。

オーラルフレイルについて詳しくはこちら>>

当院が実施した歯のクリーニングの症例をご紹介

▼村川歯科医院で実際に行った歯のクリーニングの症例をご紹介します。
※画像はクリックすると拡大します。

初診時の口腔内

クリーニング前の口腔内

クリーニング後の口腔内

クリーニング後の口腔内

初診時は、上下前歯部の歯間部や歯茎との境目部分が煙草のヤニによって黒くなっているのが、確認できます。クリーニングを実施し、歯面や歯間部分のヤニをはじめ、汚れを取り除きました。

年齢/性別 58歳 男性
治療期間/回数 2週間 2回
治療費用 5,500円(税込)
リスク・注意点 歯石を除去した後、一時的にしみることがあります。

予防歯科についてよくある質問

食事の後は必ず歯磨きをしないとダメなんでしょうか?

毎食後に歯磨きを行うことが理想ではありますが、雑な磨き方では意味がありません。毎食後に無理な場合でも、一日のどこかで時間をかけて丁寧に磨き、汚れを蓄積させないことが重要です。歯磨きの際は、デンタルフロスなどを活用して、歯と歯の間の汚れも取り除くようにしましょう。

歯磨きの際はフロスや歯間ブラシも使用した方が良いのでしょうか?

通常の歯磨きだけでは、口腔内の汚れの60%程しか取り除けないと言われています。歯ブラシの毛先が届きにくい歯と歯の間は、特に汚れが蓄積しやすい場所ですので、フロスや歯間ブラシを使用することによって、虫歯や歯周病のリスクを軽減できます。

虫歯になりやすい人と虫歯になりにくい人は何が違うのですか?

毎日きちんと歯磨きをしているのに虫歯になる人もいれば、普段からあまり歯を磨かないのに虫歯にならない人もいます。虫歯リスクの高い人と虫歯リスクの低い人との違いについては、歯質や歯の形状、唾液の量・性状などの遺伝的な要因が大きく関係し、さらに歯並びや歯磨き方法、食生活なども影響すると考えられます。毎食後に歯磨きを必ず行っていても、磨き方が悪く汚れがきちんと取り除けない場合には、虫歯リスクが高くなってしまいます。

歯ブラシはどの位の頻度で交換すれば良いですか?

歯ブラシは使用し続けると毛先が広がるため、歯と歯の間や歯茎と歯の境目などの汚れをきちんと取り除けなくなり、磨き残しも多くなってしまいます。歯ブラシの衛生面なども考慮すると、1ヵ月に1回の頻度で交換するのが理想的です。長く使った場合でも2~3ヵ月に1回は交換するようにしましょう。また、1ヵ月もしない内に毛先が広がる方は、磨き方が悪かったり、磨く際に力が入り過ぎていたりすることが考えられます。一度、歯科医院にて歯磨き指導を受け、正しい歯磨き方法を見につけましょう。

フッ素は体に害はないのでしょうか?

濃度の高いフッ素を大量に摂取すると危険ではありますが、歯科などで使用する際は僅かな量ですので心配ありません。フッ素による予防法は多くの国々で行われており、安全性なども確認されています。その他の薬と同様、用法・用量を守って使用すれば危険はありません。

歯のクリーニングはどの位の頻度で行えば良いでしょうか?

口腔内の汚れの付着や虫歯・歯周病リスクは個人差があるので、一人ひとり適切な頻度は変わりますが、半年に1度を目安に歯科検診・歯のクリーニングを受けるようにしましょう。煙草を吸われる方や汚れが付きやすい方は、2~3ヵ月に1度位の頻度でクリーニングを受けることをおすすめします。

予防歯科で実施するクリーニングは痛みを伴いますか?

歯を削ったりしないため、基本的には痛みを感じることはありません。ただ、歯周病が進行し、歯茎から出血などがある場合には多少の痛みを伴う可能性があります。

札幌市西区西野で歯を守るための予防歯科をご希望の方へ

予防歯科

村川歯科医院では、80歳になっても自分の歯で食事や会話を楽しんでいただきたいと願っています。そのため、治療主体の歯科利用ではなく、予防を軸とした歯科医院利用を推奨しています。もう歯を削りたくない、歳を取って後悔をしたくないという方は札幌市西区西野にある当院へお気軽にご相談ください。

トップへ戻る