クラスプ印象|札幌市西区西野の歯科|発寒南・宮の沢すぐ|村川歯科医院

新型コロナウイルス対策について

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

クラスプ印象

投稿日:2019年12月12日

カテゴリ:院長ブログ

本日は、朝は暖かい陽気でしたが、午後から荒れ模様です。

本日来院された患者さんはクラスプ印象(入れ歯のバネの型取り)を行いました。

部分床義歯(部分入れ歯)では、たまに鈎歯(バネのかかっている歯)となっている歯が脱離や様々な要因でクラウン(被せ物)を新しく装着することがあります。

ところが、新たにクラウン(被せ物)を装着すると入れ歯のクラスプ(バネ)が適合しなくなり、入らなくなります。

そのため、新しく部分床義歯(部分入れ歯)を作り直すか、クラスプ(バネ)のみを作り直すかになります。

もし、新しく部分床義歯(部分入れ歯)を作り直す場合は、通院回数も4,5回かかりますし、費用もかかります。

そのため、今なれている部分床義歯(部分入れ歯)の原型をそのまま使いたい場合は、クラスプ(バネ)の印象を採得します。

そうすると、クラスプ(バネ)のみ作られてくるので、入れ歯を修理して、即時重合レジンという材料でクラスプ(バネ)と部分床義歯(部分入れ歯)をつけていくことができるのです。

入れ歯(義歯)でお困りの方は、札幌市西区の村川歯科医院へどうぞ。

トップへ戻る