テンポラリークラウン(TEK)|札幌市西区西野の歯科|発寒南・宮の沢すぐ|村川歯科医院

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

テンポラリークラウン(TEK)

投稿日:2019年12月10日

カテゴリ:院長ブログ

テンポラリークラウン(TEK)は、クラウン(被せ物)が入る前に、出来上がるまで入れておく仮歯のことです。

テンポラリークラウン(TEK)は、別名プロビジョナルクラウンといいますが、意味合いや用途が多少異なるので、今日は、テンポラリークラウン(TEK)のお話をしたいと思います。

テンポラリークラウン(TEK)を入れる目的は、まず、審美性の確保です。例えば、テンポラリークラウン(TEK)を入れなければ、歯を削った土台がむき出しの状態になっているので、特に前歯部の場合なら、審美性に問題が出てきます。

他に、支台歯の保護があります。例えば、生活歯といって金属の土台ではなく自分の歯を削ってむき出しにしていれば、虫歯になる可能性もありますし、神経のある歯なら、冷たい水がしみたりします。それを保護します。

あとは、咬合の確保です。削った歯の状態では、反対側の歯と噛み合わせがあたってないので、うまく食べ物を噛み切ることができません。

他にも隣在歯が倒れないようになど、様々な働きがあるため、当院ではテンポラリークラウン(TEK)を入れるようにしています。

被せ物のご相談は、札幌市西区の村川歯科医院へどうぞ。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る