就学児定期健診|札幌市西区西野の歯科|発寒南・宮の沢すぐ|村川歯科医院

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

就学児定期健診

投稿日:2019年12月14日

カテゴリ:院長ブログ

就学児の定期健診は、混合歯列期検査を行い、ブラッシング指導、歯のクリーニングを行い、フッ素を塗布します。

混合歯列期検査は、染め出し検査を行い、プラーク(磨き残し)のチェックを行い、出血の有無を調べ歯肉の炎症を調べます。

その後、染め出し検査でプラークの付着部位についてブラッシング指導を行います。場合によっては、生活習慣指導を行います。虫歯の成り立ちや、おやつの摂取する時間帯など説明することによって、新たな虫歯の発生を防止することができます。人は糖分を摂取すると、口腔内の細菌がそれを元に、酸をだします。アルカリ性、酸性の酸です。酸性になると歯は溶けていきます。しかし、唾液はアルカリ性なので、糖分を摂取しなければ、徐々に中性に戻っていきます。そのため、おやつの摂取のタイミングが重要になります。

ブラッシング指導が終わった後は、歯科衛生士による専門的な歯のクリーニングを行います。そして、歯石やプラークやバイオフィルムの除去を行います。

そして、クリーニング終了後、フッ素をつけて終わりになります。

お子様の口腔内で気になる方は、札幌市西区の村川歯科医院へご相談ください。

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る