ポンティック前装部破損|札幌市西区西野の歯科|発寒南・宮の沢すぐ|村川歯科医院

新型コロナウイルス対策について

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

ポンティック前装部破損

投稿日:2019年12月19日

カテゴリ:院長ブログ

本日、ポンティック前装部破折の患者さんがいらっしゃいました。

ポンティックというのは、ブリッジ(抜歯をして歯を失った場合に前後の歯を切削して連結された被せもの。3本の場合は真ん中は宙に浮いてます。)の中間の歯を喪失した宙に浮いている歯の部分です。そこを、ポンティックといい、金属に裏打ちされ前面は硬質レジンという白いプラスチックで覆われています。

今回、その前装部のレジンが破折して来院されました。

歯と異なり、白い詰め物(コンポジットレジン)を通常の方法ですけても外れやすいです。

そのため、今回は、トクヤマという会社から発売されているライトレスボンドを使用して、白い詰め物(コンポジットレジン)を修理しました。通常白い詰め物の接着剤のボンディング剤は、光照射で硬化しますが、ライトレスは光なしで硬化します。しかも、接着力も強力です。

症例として、なんにでも使えるわけではありませんが、非常に強力な接着剤です。

札幌市西区で詰め物かぶせ物でお困りの方は、ぜひご相談ください。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る