歯がしみる|札幌市西区西野の歯科|発寒南・宮の沢すぐ|村川歯科医院

新型コロナウイルス対策について

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

歯がしみる

投稿日:2020年1月31日

カテゴリ:院長ブログ

今日で一月も終わりです。札幌市西区の皆さんお元気でお過ごしでしょうか?

今日は歯がしみる時の話の一部をしていきたいと思います。

以前知覚過敏の話をしていますが、神経を残して歯の治療した後、つめものや、被せ物をしてなんともなかった歯が、しばらく経ってからしみることがあります。

虫歯になってしみる場合もありますが、虫歯じゃなくてもしみてくることがあります。その場合考えられるのが、歯髄充血と歯髄壊疽です。

歯髄とは歯の中にある神経や血管のことです。そして歯髄が充血しているか、壊疽しているかを診断するために必要な器械が、EPT(電気的歯髄診断器)です。

歯髄充血の場合、神経と血管は生きているので、治療をすれば充血が引いて正常の状態に戻ることがあります。

しかし、歯髄壊疽と診断された場合、歯髄は死んでいるか、死にかけている状態なので、根管治療(歯の中の神経や血管をとる治療)をしなくてはなりません。

虫歯の場合も当然根管治療は必要な場合が多いです。

歯がしみて気になる方は、札幌市西区の村川歯科医院へご相談ください。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る