右上7番歯根破折|発寒南・宮の沢の歯医者|札幌市西区

新型コロナウイルス対策について

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

右上7番歯根破折

投稿日:2019年11月18日

カテゴリ:院長ブログ

以前、重度の歯周病のため、ブラッシング指導(TBI)、スケーリング(SC)、スケーリング・ルートプレーニング(SRP)、歯周外科(FOp)を行いました。そして、歯周組織が改善し、炎症が落ち着き、歯肉が安定した後、右上4番から右上7番まで、FMC(銀歯の被せ物)で歯周補綴(永久固定)しました。

その後、経過がよかったのですが、右上7番の近心歯頚部にカリエス(虫歯)を発見しました。患者さんに説明し、右上7番のFMC(銀歯)とメタルコア(土台)を外しました。そうすると、歯根が二つに割れていることがわかりました。

そのため、保存不可能と診断し、抜歯することとなりました。

麻酔を歯の周囲にした後、5分くらい効き目を待ちました。

5分後、へーベルという器具を歯根の隙間に入れると、簡単に歯根が脱臼してきたため、取り出しました。その後、歯根破折したもう一方の歯根もへーベルで脱臼させて、取り出しました。

その後、肉芽組織という炎症性の組織を除去し、縫合して終わりました。

歯でお困りの方は、札幌市西区の村川歯科医院へどうぞ。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る