根充後のメタルコアの印象|札幌市西区西野の歯科|発寒南・宮の沢すぐ|村川歯科医院

新型コロナウイルス対策について

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

根充後のメタルコアの印象

投稿日:2020年7月14日

カテゴリ:院長ブログ

今日も蒸し暑い日が続きますが、札幌西区の皆様はお元気でおすごしでしょうか?

コアというのをご存知でしょうか?歯科医院では、患者さんに説明する時は土台と言っています。

コア(土台)は、根管治療(歯の根の中の神経の治療)が終わった後に、根管充填といって、神経を取った管の中(根管)に最終的なお薬(ガッタパーチャポイント)をつめていきます。

そして、お薬が固まってから、根管充填の次に来たときに土台の作製を行っていきます。

コアはファイバーコアとメタルコアがあります。ファイバーコアは保険でも作製できて、歯根の破折を防ぎますが、強度が弱いです。そのため、歯質がかなり残っていないとファイバーコアが折れてしまいます。

そのため、歯質があまりない症例ではメタルコアを使用します。メタルコアは金属でできているので、ファイバーコアのように破折しません。しかし、歯根破折の可能性はあるので、あまりコアを太くしないよう注意する必要があります。

差し歯被せ物でお困りの方は札幌市西区の村川歯科医院へどうぞ。

トップへ戻る