歯ブラシの時に疼痛を訴える楔状欠損|札幌市西区西野の歯科|発寒南・宮の沢すぐ|村川歯科医院

新型コロナウイルス対策について

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

歯ブラシの時に疼痛を訴える楔状欠損

投稿日:2020年7月10日

カテゴリ:院長ブログ

今日も日中は蒸し暑い日ですが、札幌西区の皆様はお元気でお過ごしでしょうか?

歯ブラシの時に、疼痛を訴える患者様がいらっしゃいました。お話を伺い、口腔内を拝見しました。そうすると、疼痛を訴える部位に楔状欠損を認めました。

楔状欠損とは、歯周病や加齢により歯肉が下がり、歯根が露出した部位が、咬合力や歯ブラシによって削られたような状態になった歯根です。

楔状欠損になると、その部分が虫歯(カリエス)になりやすくなります。

他には、神経に近くなるので知覚過敏という症状を起こしやすくなります。今回は、その知覚過敏によって、歯ブラシの時に疼痛を起こしたと診断いたしました。

知覚過敏の治療方法はいろいろありますが、今回は楔状欠損なのでそこを充填(詰め物で埋める)する方法をとりました。

通常の、CR(コンポジットレジン)という材料だと、楔状欠損の場合外れやすいので、スーパーボンド(MMA系の歯科用接着材料)という材料で充填しました。

充填後は、疼痛もなく症状も完治しております。

知覚過敏でお困りの方は札幌市西区の村川歯科医院へどうぞ。

トップへ戻る