右下2番の舌側の腫脹を繰り返す根尖性歯周炎|札幌市西区西野の歯科|発寒南・宮の沢すぐ|村川歯科医院

新型コロナウイルス対策について

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

右下2番の舌側の腫脹を繰り返す根尖性歯周炎

投稿日:2020年7月9日

カテゴリ:院長ブログ

暑い日が続きますが、札幌市西区皆様はお元気でお過ごしでしょうか?

右下の2番目の歯の舌側の腫脹を繰り返す患者さんがいらっしゃいました。レントゲンで診査を行ったところ、根尖部に病巣がありました。

そこで行う第一治療は根管治療(根の治療)です。そして、そのほかの選択肢として外科的歯内療法があります。今回の歯牙は、被せ物の内部にあるメタルコアという金属の芯がとても長く入っていました。外して根の治療もすることも可能と思いました。しかし、長いメタルコア(金属の芯)を外すことはとても難しいです。歯の根(歯根)は先に行くほど細くなり削りとって外しますが、少しずれただけで、歯の根っこ(歯根)に穴をあける可能性もあります。それを患者さんに説明したところ、外科的歯内療法を行うということになりました。

通常の根管治療(根の治療)で治りづらい、難しいときには外科的歯内療法という選択肢もあります。

もし、根管治療でお困り方や相談したい方は、札幌市西区の村川歯科医院にご相談ください。

トップへ戻る