右上3番歯茎痛い|発寒南・宮の沢の歯医者|札幌市西区

新型コロナウイルス対策について

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

右上3番歯茎痛い

投稿日:2019年11月21日

カテゴリ:スタッフブログ

本日、右上3番の歯茎が痛いという主訴でいらした患者さんです。

以前、抜髄(虫歯などで歯の神経が炎症を起こし痛み、しみる等の症状がでた時に麻酔をして、歯の中の、神経や血管をとるなどの処置)をして根管治療をした患者さんです。

歯科医師は、抜髄などの根管治療を行う際、できる限り起炎物質(神経や血管等の組織)をできる限り処置し取り除きますが、側枝といった器具が入らない細い枝の部分があったり、どうしても根管内(神経や血管の通っている路)に唾液などが入ってきて、完全に無菌状態にできないのです。

そうして、残ってしまった菌が、長い時間をかけてたまに繁殖し、根っこの先の根尖に膿がたまり、痛みがでてくることがあるのです。これを根尖性歯周炎とよびます。

患者さんを診察したところ、根尖(歯の根っこの先)相当部の歯肉に圧痛(押したら痛いこと)とレントゲンの根尖に黒い透過像を認めたため、根尖性歯周炎と診断しました。

今後、差し歯を外した後、根管治療が必要です。

根管治療は札幌市西区の村川歯科医院へどうぞ。

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る