チタン金属床装着|札幌市西区西野の歯科|発寒南・宮の沢すぐ|村川歯科医院

新型コロナウイルス対策について

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

チタン金属床装着

投稿日:2019年11月22日

カテゴリ:院長ブログ

本日総義歯(総入れ歯)の患者さんで、チタンの金属床を装着しました。

金属床は、口蓋(上顎)の部分を普通の総義歯(総入れ歯)に比べ薄くできるので、口腔内の異物感を減らします。また、保険の総義歯(総入れ歯)はプラスチックなので、熱をあまり通しませんが、金属は熱を通します。そのため、食事の時、熱い、冷たいを感じます。そのため、食事をよりおいしく感じることができます。

総義歯(総入れ歯)の作り方の手順は、まず型取りをします。

その次に、型取りしたものに石膏を流して、模型にして、かみ合わせを採得するための咬合床を作ります。

それを使って、患者さんが来院された時に、上下の歯のかみ合わせを採得します。

その次に、歯を蝋(ワックス)の上に並べます。

そして、再び歯科医院に来院された時に、歯を並べた仮の入れ歯を口腔内に入れて、かみ合わせや、歯並びを確認してもらいます。

問題なければ、それを、プラスチックの材料に置き換えて普通の総義歯(総入れ歯)を完成させます。

一度患者さんに使ってもらって問題なければ、もう一度総義歯(総入れ歯)を預かって、口蓋(上顎)のプラスチックの部分を、薄い金属床に置き換えて完成です。

札幌市西区の村川歯科医院で金属床をお考えの方はお作りください。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る