総入れ歯は金属床かインプラントオーバーデンチャー|札幌市西区西野の歯科|発寒南・宮の沢すぐ|村川歯科医院

新型コロナウイルス対策について

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

総入れ歯は金属床かインプラントオーバーデンチャー

投稿日:2020年5月9日

カテゴリ:院長ブログ

ゴールデンウィークも終わり札幌市西区の皆様はお元気でおすごしでしょうか?

上顎の歯が全部抜けてしまった場合、保険では総入れ歯(総義歯)にしなくてはなりません。歯が残っていると部分入れ歯(部分床義歯)は、歯にバネをかけるので、基本的に落ちてきません。しかし、歯がなくなると、バネをかけるところがありません。そのため、総入れ歯(総義歯)は、口蓋を覆うことで吸着させ、落ちてこないようにしなくてはなりません。

しかし、口蓋を覆うと違和感を感じたり、味覚も少し落ちてしまうことがあります。

そこで、それを軽減もしくはなくす方法として、金属床とインプラントオーバーデンチャーがあります。

金属床は、口蓋を金属にするので薄くできますし、熱を通すので冷たいものや熱いものを感じるので非常にすばらしい入れ歯です。

そして、もうひとつの方法はインプラントオーバーデンチャーです。

インプラントに入れ歯(総義歯)の維持を求めることができるので、口蓋を覆わないで吸着しなくても落ちてこないですし、味覚や、温度感覚もいいという優れものです。

もし、入れ歯(総義歯)やインプラントでお悩みの方がいれば、札幌市西区の村川歯科医院にご相談ください。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る