排膿のとまらない歯牙の歯周外科手術|札幌市西区西野の歯科|発寒南・宮の沢すぐ|村川歯科医院

新型コロナウイルス対策について

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

排膿のとまらない歯牙の歯周外科手術

投稿日:2020年7月30日

カテゴリ:院長ブログ

7月も終わりになり、本来ならオリンピックで盛り上がっていたでしょうか?

歯肉の腫れと疼痛を主訴に来院された患者さんかいらっしゃいました。レントゲンを撮影し、診査たところ、歯周病の根尖部までの骨吸収と根尖部(根っこの先)の化膿がありました。そのため、歯内・歯周病変(歯周病と根の先の病巣が合併した病変)と診断しました。

そのため、まず根管治療を行いました。すると、一度症状は落ち着いてきましたが、しばらく経過すると再び炎症が再燃してきました。

そこで、外科的歯内療法を行うこととなりました。麻酔をして、歯肉弁を開きました。根尖部(根っこの先)の病巣と、歯周病で炎症をおこしている不良肉芽組織を除去していきました。

病巣除去後、排膿や炎症が再燃することなく経過良好です。しかし、支持骨の減少が顕著なため、隣在歯と連結する必要があります。支持骨が減少した歯牙を単独で機能させれば、咬合力に負けて歯周病が進行してしまいます。そのため、連結することによって長期的な予後をたどることができます。

札幌市西区で根管治療・歯周病でお困りの方は村川歯科医院へどうぞ。

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る