前歯部歯根破折|札幌市西区西野の歯科|発寒南・宮の沢すぐ|村川歯科医院

新型コロナウイルス対策について

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

前歯部歯根破折

投稿日:2019年11月14日

カテゴリ:院長ブログ

本日、右上1番が歯根破折した患者さんがいらっしゃいました。

以前、左上2番を歯周病で抜歯しましたが、本日、右上1番の除去と右上3番から左上3番までの仮歯の作製を致しました。

歯根破折した右上1番は、運よく歯根の先端ではなく、歯根の歯肉よりのところで破折していたので、抜歯にならずに、保存することができました。

硬質レジン前装冠の装着部位は、除去し、生活歯である左上3番は麻酔して形成しました。左上2番の欠損で、左上3番から、右上3番のブリッジの仮歯です。

土台となる歯(支台歯)の平行性があわないと、ブリッジというのは装着できません。平行性がよくないと、引っかかってブリッジは入っていかないのです。

そのため、大きいミラー用いて、1本1本の歯の形態と平行性をみて、微妙な調整を繰り返します。

形成が終わったあと、即時重合レジンという材料で仮歯を作製していきます。歯を削る前に型取りをして、歯を削った後に、その型に即時重合レジンを流しこんで、その後いろいろ調整して作製していくのです。

トップへ戻る