歯周ポケットを大幅に改善する歯肉弁根尖側移動術|札幌市西区西野の歯科|発寒南・宮の沢すぐ|村川歯科医院

新型コロナウイルス対策について

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

歯周ポケットを大幅に改善する歯肉弁根尖側移動術

投稿日:2020年3月10日

カテゴリ:院長ブログ

歯周ポケットというのは、歯と歯茎の境目にある溝の深さです。ポケットプローブという器具を使って深さを測ります。

歯周ポケットは、歯周病の進行度の指標の一つで深ければ深いほど歯周病が進行しています。

健全な深さは2、3mmで、4mm以上で歯周病です。歯周病は歯周病菌という細菌が多くなると歯肉に炎症を起こし、歯を支えている組織を破壊していきます。

歯周ポケットはその細菌の住処になってしまうのです。歯周病菌は、嫌気生菌といって酸素を嫌います。歯周ポケットが浅い時は空気に触れやすい。つまり酸素に触れやすいですが、歯周ポケットが深くなると空気に触れづらくなり、酸素に触れづらくなり、嫌気生菌である歯周病菌が繁殖しやすくなるのです。

そこで、歯石を除去した後の歯周外科である歯肉弁根尖側移動術(apically repositioned flap surgery)を行うと、歯周ポケットが浅くなるため、歯周病の予後がかなりよくなります。

歯周病でお困りの方は札幌市西区の村川歯科医院にご相談ください。

トップへ戻る