レーザー治療|札幌市西区西野の歯科|発寒南・宮の沢すぐ|村川歯科医院

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

レーザー治療

投稿日:2020年1月29日

カテゴリ:院長ブログ

本日も朝から雪模様で、昼になり少し落ち着いた模様ですね。皆さんお元気でお過ごしでしょうか?

当院にはヨシダ社製のCO2レーザーを導入しております。

CO2レーザーの用途としては、切開、蒸散、止血、知覚過敏‥などあります。

切開のときは、歯肉(歯茎)に膿が溜まり、腫れてきたときに麻酔を行いレーザーにて歯肉(歯茎)の腫脹部に切開を行います。そうすることで、中に溜まっていた膿が外に出されて、内圧が下がり痛みがが引いていきます。

蒸散は、歯肉(歯茎)が歯周病などの原因で腫れてくることがあります。その時にレーザーを当てることによって、痛みの物質が分解され、細菌を倒し、細胞の活性化を促して、炎症(腫れ)が軽減されます。

また、知覚過敏にも、ある程度効果があります。原因によって治療法が変わりますが、レーザーの適応の場合、歯のしみているところにレーザーを照射すると、改善することが多いです。

また、止血時にレーザーで血餅をつくると、創傷部の治癒が早いです。

レーザー治療にご興味の方は、札幌市西区の村川歯科医院へお電話ください。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る