歯が抜けた後の治療法|札幌市西区西野の歯科|発寒南・宮の沢すぐ|村川歯科医院

インプラント10年保証

駐車場4台完備

歯を抜かない保存治療にこだわり

北海道札幌市西区西野4条7丁目9-1

西野4条7丁目バス停より徒歩30秒

ネット予約

011-662-0004

発寒南駅・宮の沢駅近く

歯が抜けた後の治療法

投稿日:2019年3月27日

カテゴリ:スタッフブログ

齲蝕や歯周病や破折になって抜歯になった後、そのまま放置すると対合するかみ合わせの歯が延びてきたり、隣接する歯が倒れてくると噛む合わせが悪くなり、さらに歯周病が悪くなったり、顎関節症の原因になったりします。

そのため、欠損してしまったところに、歯をいれる必要があります。

3つの方法があります。

1つはインプラントです。歯の根っこが残っていれば、そこに杭をたてて差し歯にすることができますが、根っこがない場合、インプラントを歯茎の中の骨に埋め込みます。数か月経過して、骨とインプラントが結合したら、そこに差し歯を作っていきます。

2つ目はブリッジです。抜けた歯の両隣の歯を削って3本つながった歯をかぶせていきます。真ん中は宙に浮いています。ただ、虫歯でない健康な歯もけずってしまうので、デメリットがあります。

3つ目は入れ歯です。入れ歯はバネがかかって審美的にも問題あるし、バネのかかった歯が長年使用してるとグラグラしやすいですし、かみ心地、異物感でおとるでしょう。

やはり、インプラントがベストですが、保険がきかない、埋伏抜歯くらいの侵襲の小手術をする必要がありますので、よくご検討ください。​

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る